何かと難しい離婚問題と法律の必要性

フィリピンでは、離婚が許されていません。日本では手続きができますが、フィリピンではどうするかです。

日本人の夫とフィリピン人の妻が離婚をするとき

何かと難しい離婚問題と法律の必要性
アジアの人といいますと、どの国の人も同じような顔をしているように見えます。実際に話しをしてみると、片言の日本語しか話ができないことから、日本人でないことがわかります。片言しか話せないことが魅力に感じることもあります。その後意気投合をして、その人と結婚をすることがあるでしょう。アジアの人にとって、日本は働くのには魅力のある国のようです。日本で働いて仕送りをして、母国にいる家族の面倒を見ている人もいます。

日本人の夫とフィリピン人の妻が結婚をしたのですが、離婚をすることになりました。フィリピンにおいての法律を見ますと、婚姻の解消はできないことになっています。妻の方もそう思っていますから、難しいように思います。日本においては、夫が日本に住んでいるのであれば、妻が母国のフィリピンに戻っていても届けなどができるのであれば可能とのことです。日本で成立させることができれば、再婚することもできるようになるでしょう。

では妻の方はどうかです。婚姻の解消が認められていないのであれば再婚はできないかです。フィリピンにおいては、家族法と呼ばれるものがあります。こちらで、外国人の配偶者が再婚の資格を与えられた時は、その配偶者であるフィリピン人も再婚できるとあります。その国内においての婚姻においては再婚はできないのでしょうが、外国人とであれば婚姻を解消して、再婚が可能になっています。妻の方の心配もしなくて済むと考えられます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017何かと難しい離婚問題と法律の必要性.All rights reserved.