何かと難しい離婚問題と法律の必要性

離婚で日本以外の国籍の子供を育てる場合、日本人に帰化をさせることによって、日本国籍が取得できます。

離婚において日本以外の国の国籍の子供を育てるとき

何かと難しい離婚問題と法律の必要性
あるタレントさんが、オリンピック出場のために選手層のあまり厚くない国に帰化したとの話がありました。話題性としては良かったのですが、現地の国の人からすると意見は分かれていたようです。実際は、帰化をすればオリンピックに出場できるわけではなく、一定の定住などが必要になるようです。残念ながら出場はできませんでした。国籍を変えてオリンピックなどに出る例はよくあることです。逆に来てもらうこともあると思われます。

大人であれば国籍について変更ができますが、子供の場合はどうなっているのでしょうか。外国人の夫と日本人の妻が結婚して日本で子供を産みました。この時の国籍はどうなるかです。日本においては、父母のいずれかが日本人なら日本国籍を得るとなっています。また、父の国籍に準ずる場合は、外国籍ももちます。子供においては、二重国籍になることがあります。一定年齢になる時に、どちらの国籍を選択するかを自分で決める事になります。

離婚をして外国籍の子供を育てることがあります。本来なら日本国籍もあると思いますが、日本国籍を離脱すると日本国籍がない状態になります。一旦日本国籍を離脱している場合は、帰化の手続きをすることで日本国籍が得られるようになります。二重国籍のままであれば、そのままにしておけば、自然日本国籍になります。将来的に子供を日本で育てるのであれば、日本国籍を持っている状態にしておきたいでしょう。法的に行うようにします。

おすすめ情報

Copyright (C)2017何かと難しい離婚問題と法律の必要性.All rights reserved.