何かと難しい離婚問題と法律の必要性

韓国人の夫と日本人の妻が離婚すると、妻の方は親権者になれるかなれないかで、韓国法でもなれます。

韓国人の夫と日本人の妻が離婚をするときの親権者

何かと難しい離婚問題と法律の必要性
日本と韓国といいますと非常に近い国です。通常は海外旅行といいますと飛行機がメインですが、韓国に関しては船でも行くことができます。日本の九州から定期便が出ているとのことです。日本から韓国に行く人も多いですし、韓国から日本に来る人も多いです。互いに交流が出来る状態になっています。日本においては在日韓国人など、多くの韓国人が住んでいます。コリアンタウンなども各地にあり、韓国人にとっても住みやすくなっているかもしれません。

ある日本人の女性が、韓国籍のある韓国人の男性と結婚をしました。そして子供が生まれました。子供の国籍は夫の国籍である韓国籍を選びました。住んでいるのは日本です。このたび離婚をすることになって手続きをしようと考えています。まず、子供は日本人である妻が育てることで話を進めようとしています。しかし、韓国においては、母親は親権者になれない決まりがあるとのことです。子供が韓国籍だけに、どう処理すればよいかです。

かつては韓国では母親が親権者になれない決まりがありましたが、今は法改正されて父親、母親ともに親権者になれるようになっています。ですから、その心配はありません。韓国において協議で行うことができるようになっていますし、家族が日本で住んでいるのなら日本ですべての処理を進めることができます。子供も関連するところなので迷うことがありますが、今の各国の法律がどうなっているかを確かめることです。結婚の時に確かめておきたいです。

おすすめ情報

  • 自分の葬式の準備を早めにするなら日本葬送儀礼協会で

Copyright (C)2017何かと難しい離婚問題と法律の必要性.All rights reserved.