何かと難しい離婚問題と法律の必要性

ドイツ人の夫と日本人の妻が離婚するとき、夫は独身になれるかです。ドイツでは裁判しか認められないからです。

ドイツ人の夫と日本人の妻が離婚するとき

何かと難しい離婚問題と法律の必要性
結婚をしている人が、その状態で別の人と結婚をすると重婚になります。意識的にすると問題になりますが、自然に行われてしまうこともあります。失踪していた夫が戻ってくるなどです。このようなときは、後の今人関係が解消されるなどがあります。日本においては重婚はできないようになっていますが、他国においてはそれぞれの国で取り扱いが異なります。一夫多妻制を認めている場合は、重婚の問題などはあまり起きてこないのかもしれません。

ドイツ人の夫と日本人の妻が離婚をしました。結婚の届けはドイツで行っていて、現在は日本で夫婦ともに住んでいます。日本の法律においては、協議の上届け出を出したりして手続きを行うなどいくつか用意されていますが、ドイツに関しては裁判でのみ認めることとなっています。国際的には、夫婦が住んでいるところの法律で処理されるものとされます。日本で処理をすればよいのですが、果たして、ドイツ人の夫は独身に戻ることができるかです。

もし戻れないとすると、再婚をしようとすると重婚になってしまいます。それ以上処理が進まないこともあります。基本的には国内では裁判のみになっていますが、外国でのことに関しては、外国の処理に準ずるとなっているようです。ドイツ人の夫も、裁判なしで晴れて独身に戻ることができるようです。ドイツなどはそのような取り決めがありますが、そのような決まりがない場合もあります。大使館などに相談をすると、その国の事情がわかります。

Copyright (C)2017何かと難しい離婚問題と法律の必要性.All rights reserved.